2021-2022年度 苅田ロータリークラブ会長方針

                             2021-22年度 会長 渡邊 剛


                 「もっと行動し、もっと成長しよう」


 2021-2022年度のシェカール・メータRI会長のテーマ【奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために】は、大きな夢に向かって計画を立て、目標を定め、目標を達成するようロータリアンにインスピレーションを与えてやる気を引き出す。その目標とは「会員数を増やしてロータリーの参加者基盤を広げる」そして、「世界に奉仕してよりインパクトをもたらす」ということです。

 今、ロータリーは大きく変わろうとしています。世界の540地区が28の地域、540人のガバナーが28人のカウンシル等のガバナンス構造の変更に向かって動き始めています。その変化に対応するためには2700地区の貫正義ガバナーのテーマ【取り組もう 基盤強化と超我の奉仕】に沿った活動が不可欠です。

 苅田クラブにおいては昨年度45周年を経て次の50周年の節目に向けてさらなる飛躍を遂げるために【もっと行動し、もっと成長しよう】をテーマに1年間活動したいと考えます。
  具体的には小学生を対象としたソフトボール大会、第1グループ合同による周防灘海岸一斉清掃をロータリアン以外の方々と行います。
  ロータリー活動そのものがSDGs活動であることを多くの方に知ってもらい地域はもとより世界にインパクトを与える活動でみんなの人生が豊かになると確信いたします。

  経験の浅い私一人では何も始まりません。本年度は皆様方会員一人ひとりと共に超我の奉仕で苅田クラブの基盤強化に努め、伝統ある苅田クラブの更なる発展のために「もっと行動し、もっと成長しましょう!」。一年間どうぞよろしくお願いいたします。





会長あいさつ 2020-2021 屏 正隆 会長
会長あいさつ 2019-2020 前田 頴子 会長
会長あいさつ 2018-2019 片岡 孝市 会長
会長あいさつ 2017-2018 鈴木 公利 会長
会長あいさつ 2016-2017 國永 修一 会長
会長あいさつ 2014-2015 壁屋 好惠 会長
会長あいさつ 2013-2014 田辺 浩爾 会長

Page Top